オイリー肌のあなたはニキビ・肌荒れがある?なりやすい?

Presented by:脂症女性の肌質調査 ~ オイリー肌を治すヒント

ニキビが多少あります。

ニキビや肌荒れを発見するとすぐに皮膚科に行くようにしています。皮膚科で処方された軟膏を塗布して対策しています。家にいるときは髪をあげるなど出来るだけ清潔な状態を保つことと、洗顔時にゴシゴシしすぎないなど刺激を与えないことを心がけています。

(夕方になると顔が油ギッシュになる・女性・20代)

季節や体調によって肌にあらわれます

ストレスを感じないこと、規則正しい生活、特に必ず食事は三食とることを気にしています。スキンケアで対処することももちろん重要ですが、体の中から改善するように努力します。水分をよくとることも重要ではないかと思います。

(朝化粧をして外出しても、1時間ほどでテカる・女性・30代)

月経前のニキビ

毎月のことなのであまり神経質にはなりません。ですがニキビが悪化して触ると痛いほどになったら市販の薬をつけて早めに治すようにしています。あとが残って後悔するのは嫌なので。それから、基本としてニキビには触らないのが大事です。

(ふと小鼻を触ると常にぬるつきがある・女性・30代)

ニキビではなくこめかみあたりに湿疹ができることがあります

日焼け止め以外のメイク用品(化粧下地、ファンデーション)を塗らないこと。湿疹なのでそれ以上の刺激を与えるのは危険です。本来なら何も塗らない方が良いとは思いますが、紫外線対策はしっかりしておきたいので日焼け止めだけは塗るようにしています。

(洗顔してメイクをしている最中からテカリが出る・女性・30代)

ときどきニキビができます

生活習慣が乱れたり、ストレスがたまるとニキビができやすい傾向にあるので、規則正しくストレスをためない生活を送るようにしています。

(昼過ぎには顔がテカっている。・女性・20代)

あります

ニキビや肌荒れがあったら、運動をし、睡眠をとるように気を付けます。運動をすることでかなり改善されます。食事も気を付けて、脂物はとらないようにします。あとは野菜とフルーツを取るようにします。何か薬を付けるよりも、中から改善しようと考えます。

(化粧を完璧にしても、すぐ脂が浮きあがってくる・女性・30代)

結構ニキビができやすいです

ニキビの原因には、やはり食べ物は重要な要素があるかと思います。チョコレートやナッツなどの油分の多いものを沢山食べた翌日には、赤く腫れたニキビができてしまいます。なので、チョコやナッツ類を食べる時には少量にとどめておきます。

(昼には皮脂でメイクが崩れる・女性・30代)

有りません

基本に忠実にお手入れすることだと思います。クレンジング、泡洗顔、保湿そして日焼け防止です。そしてニキビが出来てしまったら、早めに皮膚科を受診すべきだと思います。跡が残ってしまったり、色素が残ってしまうのが一番こわいです。

(鼻の周りだけ化粧後1時間でスッピン・女性・40代)

はい

帰宅するとすぐにメイクを落とすようにしています。またニキビの部分は、皮膚科で診察していただき、処方された薬を塗っています。枕にタオルを敷いて清潔にしたり、お風呂で半身浴をして、老廃物を流すようにしています。

(起床後、すでに鼻が油ぎっている・女性・20代)

どちらもあります。

皮膚科に通い、塗り薬、飲み薬で治療中です。クレンジングオイルがニキビの敵、と病院で聞いたので、化粧はなるべく避けて、ニキビのある敏感肌の人向けの、肌に優しいクレンジング製品を選んで使っています。

(朝家を出てから職場に着くまでに、もう顔がテカテカ・女性・30代)

脂症女性の肌質調査 ~ オイリー肌を治すヒント